デリケートゾーン悩み対策

デリケートゾーンかゆみの原因は2種類!あなたはどっち?

デリケートゾーンの「かゆみ」や「臭い」「黒ずみ」って女性ならとても気になると悩みですよね?気になりますよね?
そんなデリケートゾーンの3つの悩みが起こすデメリットを分かりやすいようにまとめてみました。こちらの記事を参考にデリケートゾーンについて熟知していきましょう。

 

デリケートゾーンかゆみ

 

 

 

デリケートゾーンのかゆみの原因

かぶれによるかゆみ

感染によるかゆみ

以上の2種類に分けられる。

 

デリケートゾーン【かぶれによるかゆみ】

デリケートゾーンのかぶれによる「かゆみ」の原因

  • 分泌物などによる蒸れで起こるかぶれ
  • 下着やナプキンなどによる刺激性のかぶれ

デリケートゾーンのかぶれの原因は、摩擦と蒸れによる炎症
かぶれは主に刺激を受けることによって皮膚、肌が炎症を起こすことによって起きるかゆみのことです。

デリケートゾーンはほとんどの方は毎日のように、下着に覆われている状態であり、常に密着状態であることから非常に通気性が悪い環境です。それに加えて”汗“や”おりもの“が多く分泌されている場所であるために、体の中でも最も蒸れやすいエリアと言ってもいいでしょう。

蒸れやすいということは、細菌などが繁殖しやすい環境下であり、また「あせも」などにもなりやすくそこからの刺激によって「かゆみ」が発生しやすくなってしまいます。

基本的には肌の表面の皮膚が乾燥していくとカサカサになっていき「かゆく」なってくるのがこの段階です。この状態になると肌のバリア機能が低下していっている段階なので、放っておくと、細菌などが入いり最悪別の病気などに移行してしまう場合もあります。

 

 

かぶれが起こる原因まとめ

ポイント

  • 体の皮脂
  • 部屋などの温度環境による「蒸れ」
  • 乾燥が挙げられます。

ひどい場合は「接触性皮膚炎」という皮膚の炎症を発症し、デリケートゾーンに赤みや発疹などが生じて血が出るほどのかゆみに苦しむことになりますので、下着やナプキンなどはなるべく刺激を与えないものを選びましょう。

また近年では、アレルギーと肌のバリア機能が密接的な関係にあることも分かっており、バリア機能低下=アレルギー反応が出てしまうこともあります

 

 

デリケートゾーン【感染によるかぶれ、かゆみ】

蒸れや、かゆみを放っておくと感染症のリスクも高く

先ほども上記で説明しましたが、蒸れやすいということは、細菌などが繁殖しやすい環境下にあるために「カビ」などの繁殖を促してしまいます。

感染によるかゆみには、細菌、ウイルス、真菌(カビ)などの病原体に感染することで起こります
デリケートゾーンのエリアは「高温、多湿」的な環境であり、自分の皮脂、汗、などの汚れの宝庫なるために細菌やウイルスたちにはうってつけの環境になっています。

 

風邪などを引いたり、体調が悪い時などは特に「免疫力が低下するので、「カンジダ膣炎」などが発症するリスクが高まります。

特に近年では、若い世代を中心に多いかゆみの原因が「性感染症」です。

 

感染症の種類

性器ヘルペス
性器クラミジア
膣トリコモナス症
性器カンジダ症
いんきんたむし
毛ジラミ症

 

「性器ヘルペス」

ほとんどの男性、女性が持っているウイルスの一つで、体の疲労や、免疫力の低下などが原因で現れる現象です。
水ぶくれや、皮膚などがただれた感じになります。

 

「性器クラミジア」

日本では1番多い感染症の1つ。
メンズは尿道炎、女性は子宮頸管炎を起こし不妊の原因とも言われている。

 

「膣トリコモナス症」

メンズの方はほとんどわからない場合がありますが、女性は特に「臭い」が強烈になります。おりものの量も増えとてつもなく“かゆく”なります。

 

「性器カンジダ症」

カンジダはカビの一種で真菌というカビのによる感染症です。
カンジダは健康な人でも誰でも持っている菌の一種です。
メンズの場合はほとんどが症状が出ないのが特徴的です。
主に出るのが女性の方で、ヨーグルト状のような「おりもの」「かゆみ」が症状として出てきます。

 

「いんきんたむし」

カビのによる感染症で、感染している皮膚に触れただけでもうつることがあるのが特徴で、「かゆみ」をともなう湿疹が出るのが特徴です。

 

「毛ジラミ症」

毛じらみという吸血昆虫が陰部などの体毛に寄生することで起こる感染症で、メンズ、女性共に強い「かゆみ」が症状として現れます。

 

デリケートゾーンのかゆみに対する普段からのケアの方法

通気性の良い状態を作るのが「ケア」のポイント!

ポイント

  • 通気性の良い状態、下着を選ぶ
  • スキニージーンズのような蒸れやすい環境下を避ける
  • 適度に立ち上がったりして、通気性を良くする
  • 生理中などはこまめにナプキンなどを交換する
  • あまりにも気になる方は「下着」も交換する

デリケートゾーンは粘膜などもあり、皮膚も薄くてとてもデリケートな部分であるために使う洗浄剤やソープなどは優しく低刺激な肌と同じ弱酸性のものを選ぶようにしましょう!!

デリケートゾーンでも使えるものとしては、こちらがおすすめ!

デリケートゾーンの、痒み、黒ずみは治る?かゆい時に効く市販薬3選!

 

 

医療機関で見てもらう

デリケートゾーンなどに「かゆみ」があり、“おりもの”の量が増えている、もしくは“ポロポロ”としたおりものが出る“場合は「膣カンジダの可能性があります。

以下の場合は「医療機関」で見てもらうようにしましょう。

注意ポイント

  • かゆみが強く激しい、範囲が広い
  • 水ぶくれや湿疹がある
  • おりものがいつもと違う
  • 市販薬などしても効果がない場合
  • おりものがポロポロしている

 

膣カンジダの場合「カンジダ菌」という体の中に常にいる菌が増殖して起きる膣内炎症、デリケートゾーンの炎症になります。何度も起こりやすい病気になりますが、こちらの症状が出た場合は「産婦人科」「婦人科」にて治療の相談をしましょう。

 

 

また別の症状で「かゆみ」はあるが、おりものなどの変化はなく、でもいつも以上にかゆみがある場合は「何か別の病気の可能性」があります。

性感染症の可能性もあるので、自己判断せずに、専門の病院にいきましょう。

 

デリケートゾーン【セルフケアのポイント】

デリケートゾーンの見た目が変わらずに「かゆい」場合は蒸れや刺激などの理由でかゆい「日常的なかゆみ系」になります。

かゆいからといって、掻いてしまうと、皮膚が傷ついてしまったりして余計にかゆみが強くなっていき悪循環に陥ってしまいます。

なのでデリケートゾーン専用のものを使いかゆみを鎮めましょう。

 

デリケートゾーンまとめ

いかがでしたか?今回は「デリケートゾーンのかゆみの原因」についてご紹介しました。

これでデリケートゾーンのかゆみについては分かったと思います。デリケートゾーンのかゆみに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

デリケートゾーン・陰部の臭いが気になる?におい消す方法は?

デリケートゾーン・陰部の臭いが気になる?におい消す方法は?

デリケートゾーンの臭いって本当に気になりますよね? そんなデリケートゾーンの臭いの原因を分かりやすいようにまとめてみました。こちらの記事を参考にデリケートゾーンの臭いの原因は何なのか?を把握していきま ...

続きを見る

 

【デリケートゾーン対策】ソープから除毛クリームなどおすすめ3選

【デリケートゾーン対策】ソープから除毛クリームなどおすすめ3選

デリケートゾーンの対策については女子、女の子なら誰でも持っている悩みの1つですよね?生理中などの独特な臭いや、ケアの仕方によってはいつでも臭い状態が続いてって知ってましたか? また、臭いだけではなく、 ...

続きを見る

-デリケートゾーン悩み対策

Copyright© デリケートな悩みの解決隊 , 2020 All Rights Reserved.