カードローンの審査における収入

カードローンの審査には、いくつかの重要な項目がありますが、
その中でも重要なのが収入です。

臨時ボーナスではなく年間通した年収が重要

収入の中でも、カードローンで特に重用されるのは、年収です。
一時期の臨時ボーナスではなく、年間を通した年収というのが
非常に重要視されているのです。
カードローンでは、もちろんこの年収が多ければ多いほどいいに決まっています。

しかし、年収の多さが全てではないというのも、
カードローンの特徴であります。
年収が多いことももちろん大切ですが、それ以上に重要なのが
年収が安定しているかどうかということ。
それは前述したように、臨時ボーナスより年収を重視する姿勢からも表れております。
ある年は多くのお金が入ってきて、また別の年には入ってくるお金が
大幅に少ないという人よりも、毎年同じような年収を稼いでいる人のほうが、
カードローンの審査では有利となるのです。
以下自営業者と続きますが個人の方は銀行系カードローンで借りれる時間銀行カードローンの限度額など合わせて参考にするといいでしょう。

自営業者

前者の人の典型的な職業としては、自営業があります。
自営業の人は、毎年安定したお金が入ってくるわけではありません。
しかも自営業の方の場合ですと、自分で設備投資などもしなければならない場合も。
そうなると、不意の支出が多くなる可能性があります。

公務員

後者の典型的な職業といえば、公務員です。
公務員の人は、毎年同じような年収を稼いでおります。
いきなりの給与削減やボーナスカットということはありません。
しかも、よほどの不祥事を起こさない限り解雇されることはありません。
公務員は、カードローン向けといえます。